風の詩

うつろい

e0251084_6184387.jpg






季節と共に移ろいでいった人のこころ

掴めなかった私のせいね

分かっている


考えあぐねて悩んで悲しんだって

所詮どうにもならないこと



そう自分らしく生きるだけなんだって

結局はそこに辿り着く


裏切りも

悔しさも

真っ黒い絵の具の中に閉じ込めよう



いつかその色が必ず

自分のためになる


未来のうつろいだ色は

きっと美しいはずだ
[PR]
# by himagogo | 2011-11-13 06:58

e0251084_1740597.jpg






あなたがいればそれだけでいいの

それだけでじゅうぶん

あなたをとりまくけはいがすき

あなたのじゆうほんぽうがすき

じぶんかってがすき

じぶんかってはにたものどうし

だからわかりすぎる

わたしのことぜんぶしってるでしょ

なにもいわなくても そのひとみが

しずかにわたしをみまもってくれてる

わたしもずっとみまもっていくよ
[PR]
# by himagogo | 2011-10-30 17:52

今年も来たなー

e0251084_214144.jpg





今年も迷い込んだオオカマキリ

毎年懲りずにやってくる

5年くらい前は天袋から”コンチワーイ!”と顔を出したのだ

この年はいったいどうやって忍び込んだのか未だに謎だ

毎年こうやって洗濯ハンガーにちゃっかり乗って

我が家にお邪魔しにやってくる

毎年必ず一度だけ

きっと私が驚く顔を見たいのだ

あそこの奥さんったら恐ろしいくらい変顔で喜んでくれるから見にいきなさいよー

てな具合でここらのカマキリたちの噂になっているにちがいない

この噂が脈々と子孫へ伝承されている

今年も負けたー

チキショー

来年こそ阻止してやるもん
[PR]
# by himagogo | 2011-10-21 21:56

りんご

e0251084_17445521.jpg





注文したコーヒーと一緒に同包して下さったりんご

心温まるお気遣いに感謝

名前は「陽光」

食べると元気になりそうなネーミング

私はりんごが大好き

りんごをほおばると子供の頃に帰れる

ふるさとの秋の匂い

父さんはふじりんごが好きだった

いつも大きな木箱で買っていたなぁ

でも今は病気だから昔のように

シャリっと咀嚼することは出来ない。

きっとみじん切りにしてもらって父さんも食べているかな、りんご

サクサク、シャリシャリ

りんごを食べてる音っていいね



りんごなつかしふるさとの秋

ふるさとはもうすぐ冬支度
[PR]
# by himagogo | 2011-10-20 18:01

永遠

e0251084_16334628.jpg





人は永遠を夢見て永遠を誓い合う

声高らかに永遠を誓い合う

繋いでいけるのなら

もしかしてそれを

永遠ということにするのだろうか


永遠という甘ったるい不確実な言葉は

時として人を傷つけうることもある

人はただ陶酔したいだけのかもしれない

永遠という言葉の響きに

約束ばかりしたがる

永遠という夢の中に



人類の憧憬、それが永遠

誰も見届けることが出来ないのは確かだ
[PR]
# by himagogo | 2011-10-19 16:56